グローアップ社会保険労務士法人

growupsr.exblog.jp
ブログトップ

☆マイナンバー制度『セミナー』情報!

セミナー情報です!

企業対応必須!徹底解説!
『はじめていますか?マイナンバー制度対策!』 


平成28年1月からすべての事業者がマイナンバーを扱うことになります。

今回のセミナーでは「経営者向け」と「実務担当者向け」に別々に開催!
経営者向けには、マイナンバー制度の概要をわかりやすく、実務担当者向けには、具体的にやるべきことを
ご説明いたします。

この機会にぜひ奮ってご参加下さい!!

f0303180_9383821.jpg

f0303180_9391187.jpg

# by GrowUp-Sr-Member | 2015-05-27 09:45 | セミナー情報

セミナー情報!安全を追求した社長勉強会!!

セミナー情報

10月3日【大阪開催】

 『安全を追求した社長勉強会』

お申込みはコチラから
   
f0303180_145639.jpg


お申込みはコチラから
# by GrowUp-Sr-Member | 2014-09-03 14:18 | セミナー情報

セミナー情報!トラックドライバー安全を追求して人を採る社長勉強会

セミナーの開催情報

トラックドライバー安全を追求して人を採る社長勉強会


~労働時間管理と割増賃金対策~
社長のための「トラブル解決」と安全管理のコツを伝授します!!

【日時】
2014年7月15日(火) 13:00~16:40
(12:30受付開始)

【会場】
東京都トラック総合会館 6F 研修室
(〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-8)

お申し込みはコチラ
# by GrowUp-Sr-Member | 2014-06-26 18:42 | セミナー情報

労働時間法制の見直し

このところ、労働時間管理(長時間労働や残業時間)の実態や、
裁量労働制の導入状況や運用実態などに関する調査のために
行政機関からのアポイントがある、という話を聞く機会が増えました。

どうやら、
「労働時間法制の見直し」に向けた動きが活発化しているようです。

2013年12月5日に行われた第22回「規制改革会議(内閣府)では、
労働時間法制等の見直しが、1つのテーマとしてあげられました。
内容は、「労働時間の適用除外制度を新しくすること」です。

現在の労働基準法では、「労働時間」が働き方のものさしとなっています。

しかし、実労働時間による一律の労働時間管理で
成果を測ることがなじまない労働者がいます。
一方、長時間労働が労働者に与える健康障害は、大きな社会問題であり、
年次有給休暇や長期休暇等の取得率は、国際的にも低い状況です。

生産性を上げ、長時間労働を解消して労働者の健康を確保するためには、
労働時間の長さと賃金のリンクを切り離し、
労働時間制度が必要ではないかというものです。

具体的には、
① 管理監督者の適用除外
② 裁量労働制
この2つについて、わかりやすく実態に即した新制度とするものです。
①については、「名ばかり管理職」に対する残業代未払い問題で取りざたされており、
皆様もご存知のとおり悩ましいところでしょう。

今回の提案内容のポイントは以下のとおりです。
① 適用除外の範囲は、労使協定の締結による。(国が対象範囲の目安を示す)
② 割増賃金制度は、深夜も含めて適用しない。
③ 労使協定の行政への届出を義務化する。(使用者の恣意的運用を排除するため)
④ 労働時間の量的上限規制と休日休暇の取得促進に向けた強制的取り組み
のセット導入をすること。(ワークライフバランスの促進)

上記④は、自動車運転者において、
長時間労働による健康障害(脳・心臓疾患)の発症の抑制や
健康障害を起因とする労災事故を防止する目的から、
改善基準告示により導入されている仕組みと同様の考え方です。

今後、中小企業に猶予されている時間外割増賃金率などとあわせ、
労働政策審議会で議論を重ね法制化され、
一定の試行期間を設け過半数組合のある企業に限定し導入されていきます。

【参考資料】
内閣府

( 社会保険労務士 山下智美 )
# by GrowUp-Sr-Member | 2014-01-09 09:45 | コラム

健康保険で休業補償!

◆健康保険で休業補償!
 ~傷病手当金をもれなくもらうポイント~

もしも病気やケガでしばらく会社を休まなければ
ならなくなったとしたら、気になるのはその間の収入ですね。
そんな時、健康保険の被保険者であれば、
その間の生活を保障する為に『傷病手当金』が支給されます。

支給額は1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額で、
支給期間は、支給開始した日から最長1年6ヵ月です。

そして、以下4つの要件すべてに当てはまる必要があります。
①業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
②仕事に就くことができないこと
③連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
④休業した期間について給与の支払がないこと

公的な保険にも関わらず所得補償保険が
付いているようなものですから、とても有難い給付ですね。

傷病手当金をもれなく受給する為に、
以下2つのポイントを参考にしてもらえればと思います。

●『医師が労務不能と認めた期間』には
自宅療養期間も含まれていますか?

傷病手当金の申請書には医師の証明を受ける欄があります。
その中の『医師が労務不能と認めた期間』が、
療養のために休んだとして申請する期間になります。
入院を伴った場合、この証明期間を
入院期間と同じに記入する医師が多くいらっしゃいます。

しかし、実際は入院前後に自宅療養していた期間も
療養の為働けない場合があり、
その期間も含めて医師から証明をもらえれば
その分の手当金も支給申請することができます。

医師に証明をもらう際には、
この期間についてよくご確認ください。

●退職後も条件によっては受給できます。

病気やケガをきっかけに退職する方もいるかと思います。
それでも以下2つの要件に当てはまれば、
退職後も引き続き傷病手当金を受給できます。

①退職日までに被保険者期間が継続して1年以上ある。
②退職日に傷病手当金を受給している、又は受給できる状態にある


日頃、健康保険料をしっかり払っている分、
受給要件に当てはまるときはぜひ傷病手当金を活用してください。

なお、加入している健康保険組合等によっては
要件や給付内容が異なりますので、
申請する際には加入先の健康保険者にお問い合わせ下さい。

また、国民健康保険には原則として
傷病手当金はありませんのでご注意ください。

【参考資料】
全国健康保険協会

(社会保険労務士 加藤真理子)
# by GrowUp-Sr-Member | 2013-12-16 13:20 | コラム